人間関係のトラブルを未然に防ぐ方法を伝授します

癒し空間を作ってストレス解消

人間関係が原因でストレスがたまることがあります。その結果、心身に不調が出ることもあります。ストレスは心身に悪い影響を与えるという趣旨で話をしてきましたが、そもそもストレスとはなんでしょうか?ストレスとその解消法、効果をご説明します。

癒し空間を作ってストレス解消

ストレスとは?

ストレスとは、人体が外部からの刺激に対して、適応するための心身に生じる反応・機能変化のことです。つまり、外部からの刺激や環境の変化に対して、心身が危険を感じたときに防衛しようとする反応のことで、心身にとってなくなてはならないものなのです。むしろ、人間が生存のために必要な反応です。
しかし、その有益とも言えるストレスが長期にわたると心身に悪い影響が出てきます。過度のストレスは、自律神経の働きを低下させて、さまざまな症状を引き起こします。例えば、疲れやすい、食欲不振、不眠、動悸、胃のもたれ、下痢、頭痛など。ではそれらを解消するにはどうすれば良いのでしょうか。

ストレス解消のために

適度なストレスは、やる気を引き出したり、気分を爽快にさせたりするので、人体に必要なものですが、それが過度になった場合は前述のように人体に悪い影響を及ぼします。ストレスをうまくコントロールできればいいのですが、普通の場合は、ストレスを感じるというのは、悪い意味合いが強いですから、できればストレスを感じたときは解消をしたいと考えます。では、ストレス解消をするにはどのような手段があるでしょうか?
ストレス解消には休養すなわちリラックスと気分転換すなわちリフレッシュが効果があると言われています。休養は、純粋に休むことです。睡眠を十分にとったり、半身浴をしたり、あるいはクラシック音楽などを聴いてくつろぐこともリラックス効果があります。気分転換には、適度な運動や気の置けない仲間との食事、あるいは読書、人によってはカラオケなどがリフレッシュ効果をもたらします。

リラックスできる癒やし空間とは

ゆっくり休養を取ることがストレス解消には一番効果がありますが、なかなか時間がなくて、十分な休養が取れないことも多いです。そんな場合は、少しの時間でもリラックスできる場所を用意しましょう。そこにいるだけで、心が落ち着いて、「癒やし」を感じられる場所です。文字通り、リラックスのための場所を家の中に用意しましょう。例えば、たたみ一畳のスペースでかまいませんので、リラックスに特化した癒やし空間を用意します。そこにお気に入りのソファやラグを敷いて、自分のお気に入りのものを集めましょう。好きなキャラクターのぬいぐるみやアロマキャンドルや絵本など、好きなものに囲まれて、好きな音楽を流したりすれば、わずかな時間でも心身ともにリラックスできるはずです。